子供の健康面も考えたGPSの見守り方

子供にGPSをつけることの意義

子供にGPSをつける事は必要でしょうか。GPSとは現在地を表示するためのものです。もともとは軍事用に開発されたものですが現在では、特定の人の居場所を操作するのに役に立ちます。またカーナビとしても活躍していますから、現在の生活に欠かすことができません。

最近では年配者につけることにより迷子を防止することができます。同じように子供に持たせる事で、居場所を常にすることが可能です。例えば門限通りに帰って来なくて親は心配するかもしれません。でもGPSがあるならどこにいるかわかるので行動を把握することができます。

さらに最近使われる理由として最も多いものは防犯の為です。子供を狙った犯罪が増えていますので、どこにいるかを知っているのは大切なことです。小さな子供の場合であるなら携帯させることは難しくありません。しかし10代になって思春期に入ると、親に自分の居場所を知らせたくないと考えることもあります。

プライバシーを必要としますから上手な意思の疎通は欠かせません。携帯電話を持つようになったなら必ず位置情報をオンにしておくようにします。プライバシーを尊重しつつも親として子供を守る責任があることを言い聞かせます。そして将来は親の側に位置情報が必要になることも説明するなら協力してくれるに違いありません。

もちろん本来ならGPS等必要のない社会になることが理想です。人に危害を加えられることを恐れる必要のない社会がいつか実現するはずです。女の子の子供服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です