男性のオフィススタイルはスーツが基本となり、シャツとの組み合わせを考えて着用することが多くなります。この時にワンランクアップしたおしゃれを楽しみたい場合、ネクタイに拘ってみるのがおすすめです。ネクタイとは首に結ぶ飾りの布のことで、今はスーツとセットとして使用するのが自然となっています。首元に見える程度と言えるものですが、コーディネートを考えた時にポイントになってくるので、バランスやアクセントなど目的に応じて使い分けることが大切です。

ネクタイの種類は多く、生地に関してはシルクやコットン、麻、ウールなどさまざまなものがあります。これらはシチュエーションに合わせて選択する必要があり、結婚式やパーティーなどフォーマルな場での正装にはシルクがおすすめです。コットンやウールではカジュアル感が強くなり過ぎて浮いてしまうので、注意してください。反対にカジュアル感の高いところでシルクを使用すると、バランスが悪くなってしまいます。

また色合いも重要なポイントになってきて、全体を無難にまとめるか、アクセントとして目立たせるかによって選択が変わってくるはずです。この時に大切なのはシチュエーションに合わせることを考えなければいけなく、同じ会社員でもオフィスワークなら基本的にどういったものでもいいですが、営業の場合は相手に不愉快感を与えない、信頼してもらうなどプラスアルファが求められます。ネクタイ一つでも印象が変わるので、しっかりと考えて選ぶことが大切です。