ネクタイは、ビジネスシーンには欠かせないファッションアイテムです。シルクやウール、リネンなど様々な素材がありますし、色や柄などデザインも様々です。ネクタイを選ぶ時には、まず色を決めます。青や紺といった色は、知的で爽やかな印象を与える色です。

日本では、ビジネスシーンで最も多く利用されています。濃い目の色は落ち着いた印象を与えることもでき、信頼感を得るには最適です。淡い色になると、爽やかさが増します。赤系のネクタイは、活動的な印象を与えます。

ここ一番という交渉の時やプロジェクトを前に進めようといった時などに向いています。黄色系は、明るさや元気な印象を与える色です。親しみやすく、カジュアルなシーンに向いています。逆に言うと、堅いシーンなどにはあまり向きません。

ネクタイには、柄のない無地のものやドット柄、小紋柄、チェック柄、レジメンタル柄などがあります。無地は幅広いシーンで活用することができます。無地のネクタイを選ぶ時には、素材や色にこだわって選ぶのがおすすめです。ドット柄は、ビジネスシーンで着用する場合には小さめのドットが適しています。

爽やかな印象を与えるので、真夏に着用するのにもぴったりです。チェック柄は、カジュアルな印象を与える柄です。チェックに使われている色が少ないものを選ぶと、カジュアルさを抑えて使いやすくなります。レジメンタル柄は、日本では定番となっている柄です。

知的な印象を与えることができます。