ネクタイにはさまざまな色のものがありますが、柄も非常に豊富でいろいろなタイプがあります。1970年代には花柄模様が非常に流行しましたが、その時代において人気のある柄はさまざまです。例えば縞模様は永遠のトレンドとして常に人気のある柄で、細い縞や太い縞、真っ直ぐな縞や斜めの縞など、縞模様は色のバリエーションも非常に多くあります。例えば縦の縞模様は白のワイシャツとよくマッチし、胸の部分が三角形タイプの人に向いています。

チェック模様のタイプも縞模様と同じく人気があり、無地のワイシャツによく似合うでしょう。小さな点が付いていたり、大きめの水玉のタイプも縞模様と同じように流行とは関係なく、いつの時代も安心して着用することが可能です。基本的に、生地に柄があるタイプはその柄の色と同じ色のワイシャツと合わせます。このように合わせることによって、どのようなスタイルの男性でもきれいに合わせることができるでしょう。

派手な柄のネクタイを選ぶ場合は慎重になることが大切です。ピンクの色や花模様、茶系のタイプは無地のワイシャツと合わせると引き立つのですが、派手だったりカラフルなワイシャツと組み合わせると、失敗する可能性が高く気をつける必要がります。比較的に無難なのが幾何学の模様のタイプで、ワイシャツやスーツと合わせやすいでしょう。全体的におしゃれにコーディネートするには、ネクタイの柄をスーツやワイシャツの色とうまく調和させることがポイントになります。