ネクタイを丸めて収納する場合は、まず最初に真ん中で2つ折りにして、折ったシワがつかないように、優しく折り曲げます。そして、折り目の方を内側にして丸めていきネクタイの先が外側にくるようにします。丸めるときも、あまりきつく巻きつけないで、ゆるめに丸める必要があります。小さく巻きつけて丸めようとすると、先端が型崩れを起こしたり、シワができたりするためです。

かけて収納するときは、ハンガー1本だけに幾つも重ねてかけないで、1本ずつネクタイをかけられる専用のハンガーにかけてしまうのが良い方法の1つです。しかし、最も負担にかけないしまい方は平置きとなっています。平置きでしまっておくことによって、重みがネクタイに均等にかかるようになるためです。そのことによって、型崩れがしにくくなり、シワがつきにくくなります。

更に購入したときに包装されていた透明なフィルムカバーにしまっておくと、埃がつかなくなり、生地にかかる負担が軽減されます。平置きが最も負担がかからない方法であるとはいっても長い期間に亘って平置きで収納していると、シワができてしまうことになります。2つ折りの状態で重ねてしまっておくと、下の方に収納したネクタイは折り目に重みがかかり深いシワができてしまうため避けるようにします。平置きする箱の奥行は、75センチメートル以上あると望ましいのですが、難しい場合は40センチメートルは確保しておくと折る回数を最低限にできます。