ネクタイはその色や柄、スーツとの合わせ方によって自分をより魅力的に見せてくれるものです。それゆえに、選び方が難しかったりします。ネクタイにはダービータイ、ニットタイ、ボウタイの3種類があります。ダービータイは日本で最も一般的で、ビジネスシーンから冠婚葬祭まで幅広く活躍します。

近年は細めのデザインのナロータイがビジネスシーンでも使われることが増えました。カジュアル感があり、身につけている方のお洒落感を増してくれます。ニットタイは編まれたネクタイです。水平にカットされていることが特徴です。

可愛らしさがあり、女性からも人気です。ボウタイは夜の礼装用でしたが、近年ではカジュアルなタイとして注目されています。素材はシルク、ウール、リネンがあります。王道のシルクは艶やかな光沢があり、ビジネスシーンや冠婚葬祭などフォーマルな場面で活躍します。

一本は持っておきたいネクタイです。ウールはシルクと違って光沢はありませんが、見た目の温かさから秋、冬に活躍します。ツイードのスーツによく似合います。リネンは涼やかな素材のため、夏がぴったりです。

ウールと同様光沢がないので光沢がないスーツが合います。色選びも大事なポイントです。赤系は自分の情熱を伝えることができる色です。原色に近付くほど元気な印象、暗い色になるほどに落ち着いた印象を与えます。

青系は、日本のビジネスシーンで最も使用されている人気の色です。知的で落ち着いた印象を相手に与えます。水色になるほどに爽やかな印象にもなります。梅田駅の洋服お直しのことならこちら