補正下着というと、一昔前までは女性用のコルセットが主流でした。しかし最近では女性用だけでなく、男性用の製品も各社メーカーから発売されており良いプロポーション作りを担ってくれています。補正下着と一言にいっても多種多様な製品がありますが、大きく分けて形状記憶カーボンという金属が備わっているものと、伸縮素材だけを使ったものの2種類になります。形状記憶カーボンが備わっているものは、女性用のボディスーツ型の下着に多く見受けられます。

腹部に2本・背中と両脇腹に1本ずつの計3本のカーボンが入ってて、ぜい肉を見立たせないようにしながら姿勢も良く保てるのが特徴です。両脇に金属があることで、女性のウエストラインを強調する効果もあり主にドレスの下に着用するのが外国では一般的です。伸縮素材を用いた補正下着は男性・女性のショーツに見受けられるタイプです。ナイロン製になっており、小さいサイズのショーツなので引き締め効果に期待が出来ます。

現在発売されているものだと「コンプレッションアンダー」という名前が付けられているものも多く、体を圧迫することで加齢による頻尿・尿漏れ抑制効果もあります。補正下着を着用する時は、下着着用後にぜい肉を手で内部に収めていくようにするのがポイントになります。カーボンが入っているものなら、カーボンの外にぜい肉がはみ出さないようにするとボディスーツのデザイン通りのプロポーションになります。